●嵐山駅前の変化、その206(ホテル)
という言葉を先日耳にしてなるほどと思った。あまり詳しく書くことが出来ないので、今日はこの話題を取り上げるべきか、今も迷いがある。また自治会の話だ。



何度も書くように、筆者は今年で会長を4年目を務めている。それがたいていの人には「よくぞ引き受けたな」との思いらしい。見上げたことだという意見と、馬鹿じゃなかろかが半々だと思う。面白いのは、嵐山に住んで30年にならない新参者の筆者に依頼が来たことだ。そのことを自惚れているのではない。前任者が12年も担当したことを気の毒に思って引き受けた。4月の総会では、筆者は本年度中に次期会長を決める何らかの方策をみんなで決めたいことを発言した。総会の2,3日前にA4の紙1枚にちょうど収まるように、思いを箇条書きにし、それを総会出席者全員に配布した。棒読みでは事情がよくわからないだろうと思い、それを読まずに即興で演説した。20分から30分ほどだ。出席者は全員無言であったが、筆者がこの3年間で感じたさまざまな矛盾は伝わったと思う。みんなで集まるには広い場所が必要だ。それにはどの自治会も小学校近くの自治会館を使うが、わが自治会からは徒歩10分ほどかかることもあって、ある店を借りている。もちろん有料だ。それもあって、そう何度も集会を開くことが出来ない。会長をどのように決めるかという方法をまず決める、つまり多数決で物事を決めて行くという最初の決め事から話し合わねばならず、それを終えてから本格的に会長選出や自治会の会則を整備するつもりだが、会則はもう書き終えている。ただし、それがみんなに認可されるかどうかは別問題で、こうしたことを全部年内に決めるには会合を数回は持つ必要があるかもしれない。だが、経費削減と、またみんな多忙でもあるので、筆者は回覧物の配布で作業を進めるつもりでいて、来月からはたくさんの文書をまとめる必要がある。自治会内の住民全員がハンコを押して回覧したことを確認しながら作業を進めるつもりで、それを3月までにきれいに終えたい。ところが、会則は絵に描いた餅でもあって、そのとおりにうまく動いて行く保証はない。というのは、先日書いたが、わが自治会は65歳以上が4人にひとりだ。この高齢化を考えると、会長として動きたくても出来ない人も多いだろう。また、会長にはなったが、実質動くのは別人ということにもなりかねない。とにかく、今までとはそうとう異なる状況となっていて、みんなで決めた会則であるからとはいえ、それを盾にしてあまりにドライに事が動けば、自治会本来の趣旨も失われる恐れがある。
 嵐山が村であるとの意見は、嵐山に住んで40年になる人から耳にした。その人曰く、「自分はまだ新参者」ということだ。それほどに昔から代々住みついている人たちは団結力があって、よそから引っ越して来た人を本心で受け入れないというのだろう。これこそがよく言われるように京都人のいやらしさでもある。だが、日本のどの村でも同じだ。日本は村社会とよく言われる。それはネット社会にも現われている。筆者は全く見ないが、2チャンネルといった書き込みのサイトは、意見を同じくする者が集まって気炎を上げている。匿名であるし、同じ考えを持つ者同士好き放題を書き込むことが、仲間意識を高めることに一役買っている。村には団結力があって、いざという時にはよい場合もあるだろう。だが、反対によそ者を受けつけず、それでいて内部の者同士が本当に家族のように親しいかと言えば全くそうではない。筆者の見るところ、嵐山は村社会だが、そうでない部分もあって、村の住民とよそ者との対立構造という簡単なことでは割り切れず、結局は人間的に合うか合わないかで人のつき合いが成立している。そのいい例が、筆者が会長を頼まれたことだ。ただし、それは今のところ嵐山村にふさわしい世代が見つからないので、ピンチヒッターという色合いも濃い。それはさておき、2,30分演説したその元ネタのA4用紙は全世帯に回覧された。誰もまともに読まないだろうと思っていると、筆者より年配の地の人がひとり意見しにやって来た。その内容はおおむね筆者への同情だが、会長を決めることや会則の整備が1年で出来るかという心配も含まれていた。だが、筆者としては会長役をせいぜい4年で辞めたいと最初から思っていたので、どうにか強引にでも年内に決めたい。会則が出来た最初の会長として仮に筆者が選ばれたとしても、その1期のみと思っている。その1期が2年ではどうかと総会で話が出たので、ひょっとすればもう2年は続け、計6年ということになるかもしれない。
d0053294_153823.jpg

 先日松尾大社のお祭りで子ども神輿があったことは書いた。神輿を法輪寺までごろごろと曳いて行きながら、30代後半のある母親と話をした。ここ2,3年でよく話をするようになった。その奥さんのご主人は深夜の帰宅で、いつも寝るのが3時頃らしい。子どもふたりを抱え、必死に仕事をしている。そのことは以前にもその奥さんから聞いてはいたが、もう少し詳しい事情を知って驚いた。全く健気と言うか、40代半ばの父親の仕事ぶりがどういうものかを改めて自覚した。奥さんは家計の助けになるようにパート勤務しているが、ご主人があまりにへとへとになって帰宅するので、50代後半は自分が看病している姿を想像すると言う。ふたりの子のうち、下の男子は今小学4年生と思うが、地蔵盆の時に筆者の頭に抱きついて来たりしてじゃれる。そのようにされることがあまりないのでびっくりした。そのことを神輿を曳きながら奥さんに言うと、ご主人に甘える時間がないとのことであった。早朝から深夜まで働きづめで、子どもは父恋しいのだ。そんな話をしながら奥さんは、筆者に会長を何年も押しつけてすいませんと謝る。筆者が作ろうとしている会則が整備されると、おそらくそのご主人もいずれは会長を担当せねばならない。そうなれば仕事に支障が出る。もちろん仕事を持っている人は多いし、筆者もそうであるから、仕事が多忙という理由で会長役を免れる決まりを作ることは出来ない。とはいえ、4年目になってわかって来たことは、本当に会長にふさわしい人があまり見つからないことだ。また、自治会の存在意義は、いがみ合うことなく、みんな仲よく楽しく顔見知りとして暮らす「村社会」の構成にあるから、そうドライに会長を順に担当するという形が好ましいとは言えない。筆者が2,30分の演説で言ったことの中に、「公平」という言葉があった。つまり、担当出来る人は順に会長を引き受けるのが筋との考えだ。筆者は4年も担当させられて迷惑だと語気を荒げたのではない。その気になれば10年でもあるいはもっと長く担当出来るが、そうすれば前任者と同じことになって、筆者の次を決めることが大いに困難となる。筆者のように快く引き受けてくれる人はまずいないと思っておいた方がよいからだ。ならば、筆者の役目は、筆者が仮にいなくなっても、会則でどうにか支障なく自治会が動いて行く仕組みを整えることだ。演説の要旨はそれであった。
 一昨年よその自治会長を担当したMさんと親しくなり、そのMさんが急に思い立って山科に転居したことは先日書いた。そのことを自治会内のある人に話すと、「嵐山に愛着がないんやな」と言う。これには意表を突かれた。地元に愛着のある人はみな「嵐山村」の住民だ。そういう人たちには、まだどこかによそから来た人たちを新参者と見る思いが残っている。筆者にとって自治会の会則の整備は、そういう旧弊の「嵐山村」の意識をなくすことが目的のひとつでもある。だが、先に書いたように、会則は「新たな嵐山村」を構成することでもあって、村意識はなくならない。ただその意識が時代に応じて広がりのあるものになって行くべきだ。その意味での「公平」を思う。また、もうひとつのそれは、言うまでもなく、旧態の「嵐山村」で会長を担当してしかるべき人がそれを免れていることの解消だ。ただし、このことについてはそうとう風当たりが考えられる。そこでいつも思っていることは、一種の開き直りとしての新参者の意識だ。筆者は嫌われても平気で、いつでも引っ越すことが出来るし、別段嵐山に愛着はない。だが、住むからには、それなりに頼まれたことは充分に処理したい。それにどこへ引っ越しても日本は村社会であるから、同じことだ。村に住み、村に一見同化しながら、筆者は村意識を持っていないのだろう。今の若い世代はますますそうではないか。嵐山は田舎とはいえ、都会にあまりに隣接している。そのことがわが自治会内にもそれなりの形で現われている。もっと田舎に行くと、それこそ村意識が強くて住めないだろう。そのことはわが自治会に住む綾部の田舎に住んでいた人から耳にした。そして、そういう古い因習が今なお根強い田舎の住民が都会に出たがっている。それは日本の村社会の崩壊を意味するかもしれない。この村意識が少子高齢化でどう変化して行くか。さて、嵐山村にホテルが建った。今日の写真は去年5月18日の撮影だ。ちょうど1年目の明日18日に載せるつもりが、今日書くつもりでいた話題はまだ考えがまとまらない。
[PR]
by uuuzen | 2012-05-17 23:59 | ●駅前の変化 | Comments(5)
Commented at 2014-05-05 13:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uuuzen at 2014-05-06 00:38
河村髄研様
自治会の規約を住民全員のアンケートで作ったのは一昨年で、去年4月からはどうにか会長職を辞することが出来、副に収まって若い会長を陰で支えています。そして会長職を自治連合会の会合に出る役割と、文書作成(わたくしが担当)、そして文書配布という大きく3つに分け、3人で担当しているのですが、これなら今後はどうにか会長を引き受けてくれる人が見つけられそうです。その役割も当分はわたくしがやらねばならないような状態にありますが。
Commented at 2014-05-06 21:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 河村髄研 at 2014-05-13 18:35 x
 会長職を辞された2013年の4月までの「駅前の変化」を読ませていただきました。上記コメントを見ての予想より大変だったと思いました。
 ところで、連合はなぜあるのでしょうか。近くに住む人は出来るだけ顔見知りののほうが良いという考えでしょうか。現代の意義は、孤独死を防ぐという意味があるでしょうか。
 顔見知りを増やすために、体育祭が設けられたと思います。若い元気な人が多かった時代にマッチしていたのでしょう。今は年寄りが増えている時代です。町会で、希望者だけを集めてのイベントはどうでしょうか。例えば、愛宕山登山、○○駅に弁当持って集合のハイキング等々、気楽に参加できる、負担はあってもお得なイベントがあってもいいと思います。
Commented by uuuzen at 2014-05-13 21:25
 自治連合会は14の自治会の上部組織で、各自治会が所属する各世帯から徴収する年会費から、毎年1世帯当たり1000円やそのほかにも数百円を納めさせ、その費用で活動していますが、広報をほとんどしないので、連合会の仕事を知らない人が大部分というのが実情です。自治会が連合会に所属するのは強制で、これをおかしいと考える人もたまにいます。
 高齢化を迎え、慣習的に行なっている連合会の行事は限界に来ているものもあります。もともと3つしかなかった自治会がこの40年で14に増えましたが、近年子どもが激減し、自治会の数を少なくして行くべきでしょう。ところが、日本の行政と似て一旦出来上がったものを縮小することはなかなか出来ないようです。大改革が出来る人が連合会の会長になれば話は別ですが、連合会の役員は自治会長経験者から選挙で選ぶのではなく、現連合会の委員全員の総意によって知己から選び、その対象は地元から古く住む人が中心となっています。
 自治会によって世帯数に大幅な差があり、また老人主体の集まりを熱心に開いている自治会があります。日曜日に営業する店が多いわが自治会ではそのことを一種冷やかに見る傾向があります。


●RETURN OF 若冲の「... >> << ●『死の銀嶺』
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.