●嵐山駅前の変化、その198(ホテル)
をどこか遠い場所に変えるのもいいかと最近思い始めている。先ほども家内とそのことについて話した。転居すれば、このブログの「嵐山だより」というカテゴリーもなくなるが、そもそもブログをやめているかもしれない。



転居を考えるには理由がある。それを本当はここに書くべきだが、あまりに込み入った、また私的な問題で、その片鱗さえも記すことをためらう。書けば書いたで、『なんだ、そんなことか。そんなことのために転居とは、えらくおおげさな』と、簡単な問題に思われるかもしれないし、筆者もそう思わないでもない。ともかく、書けば恥になるのは確かだろう。それで書かないでおく。去年の巨大地震によって、生活の激変を味わった人々のことを思えば、筆者の転居も案外そういう外的な要因があってのことと割り切ることが出来るように思う。何も好きこのんでさして必要にも迫られない転居をする必要はないが、気ままにがらりと環境を自らの意思で変えてみるのも、自由でいいではないか。また、人間にはそういう一種の思い切りのよさのようなものが必要だ。同じ場所に代々住み続けて、地元の大多数がみな親類か縁戚というのは、動物的に見た時、かなり劣性を抱え込んでいるはずで、地震や津波の被害に遭わずとも、意思によって他国へ移住するのは開拓者魂があっていいように思う。筆者の父はそういう人生を送った。家内の父もそうで、生涯に住んで仕事をした場所は、直径数千キロの範囲に広がっている。それからすれば、筆者もいっそ外国暮らしもいいかと思わないでもない。友人のFは20年ほど前にタイに移住した。今どのように暮らしていることか。ネット生活を送っているのであれば、筆者の名前を検索し、このブログの存在を知るはずだが、はがきを送っても返事がない。ひょっとすれば死んだか。
 自治会内に数年前に引っ越して来られて、去年よく話すようになった人がいる。なぜ嵐山に住むことを決めたかを訊ねると、息子さんが亀岡にいて、なるべくその近くがいいと思ったからだ。確か大阪出身で、関東にも長らく暮らし、一流企業を勤め上げた。各地に転勤したので、どこにでも住めるという考えなのだ。その点、サラリーマンは気軽な考えを持つことが出来てよい。筆者は仕事柄京都でなければ具合が悪いところもあるが、今は宅配便を利用して染色の中間工程にある生地を送ったり届けてもらえば済む。また、仕事には比較的広い場所が必要だが、田舎に行けばそういう場所は安価で借りることが出来るだろう。東北は地震の影響もあって地価が下がり、今よりもっと広い部屋がいくつもある古家ならば、今住むところを売り払って買えるのではないかと思うが、いっそのこと、放射能の心配がより強い地域の方がいいかもしれない。生きてももう20年そこそこだ。今さら放射能を心配することもない。2年前にせっかく隣家を買ったというのに、それを使いもしないうちから遠方へ引越しかと家内はいぶかしげに言うが、筆者にすれば、それほどの思い切ったことをしない限り、解決しそうにない問題を抱えている。ところが、転居を即座に済ますには、多過ぎる本やそのほかのモノが溢れている。これは反省しないでもない。それはさておき、昨日家内の姉の法要があって、十年ほどになるか、以前は比較的よく話した男性と膝を接してしばし話した。70代で、熊本の玉名市出身だ。夫婦で玉名市の役所に勤務していたが、定年になり、またひとり娘が高槻に嫁いだこともあって、十数年前に玉名から高槻市内に転居した。玉名は老齢化が著しく、また人口流出に歯止めが利かないらしい。救急車で病院に運ばれるのがだいたい40分ほどかかり、その間に手遅れになって死ぬ人があるという。その男性は、高槻に来てから二度ほど救急病院にかつぎ込まれたが、近くにたくさん病院があって一命を取り止めた。玉名に住み続けていると、十年前に死んでいたはずと言い、玉名に住む気はさっぱりないそうだ。高槻は京都や奈良に行くにも便利で、盛んにひとり旅をして来たそうだ。それもまた玉名の田舎では考えられない。田舎の現実を知らされたが、老人になるほどに田舎は住みづらくなるようで、がこれから田舎にでも転居しようかという筆者の考えを削ぐ。筆者は今は元気だが、10年もすればどうなっているかわからない。閉鎖的な田舎に済んで、知る人がほとんどおらず、ぽつんと孤独に暮らすことは、想像以上に大変なことなのかもしれない。一番いいのは、今の家をそのまま置くか、誰かに住んでもらって、転居することだ。それは金次第で、一番やっかいな問題だ。人間は土地に縛られたくないと内心思っていても、金が不自由で、転居出来ない場合が多いのではないか。今日の駅前写真は去年4月7日の撮影だ。今年は去年より桜の満開日はかなり遅れるようだ。明日は台風並みの暴風という。この変な天気続きが、大きな自然災害の前兆でなければいいが。
d0053294_22261712.jpg

[PR]
by uuuzen | 2012-04-02 22:26 | ●駅前の変化 | Comments(0)


●嵐山駅前の変化、その197(... >> << ●嵐山駅前の変化、その199(...
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.