●嵐山駅前の変化、その109(脇道)
やした時間、年月を思うと、捨てるのはしのびないというのが、もったいない主義の条項の大きな柱になっている。



自分で処分する場合ですらそうであるから、誰かに奪われると腹立たしいのはあたりまえで、それでそういうドロボーさんをつかまえるケーサツさんがいるが、奪う相手が自然の脅威であると、恨み節の持って行きようがない。自然だから仕方がないと諦めるのが大半だ。この自然は恵みをいつも与えてくれるとは限らず、反対に猛威を振るうことがたまにあることを忘れてはいけない。普段海は漁師にとってもサーファーにとっても、またビキニを着て肉体美を誇るオネーサンや泳ぐ子どもたちにとっても、ありがたいだけの存在だが、海の方はそんなことは知ったことではない。底が揺れれば大波が立つのは自然の原理で、これを人間がどうすることも出来ない。であるから、自然を侮らずに、時にはそんなことがあると考えて、もしもの保険を万全にかけておく必要がある。それを今回の巨大地震では怠っただけのことで、その怠りを誘導した中心人物が、責任を本当に感じるならば武士のように切腹覚悟で、現状や今後に対処せよと昨日は言いたかった。昨夜のニュースを見ていると、原発が撒き散らした放射能が63京ベクレルで、これは全くぴんと来ないが、京は1兆の1万倍というから、720000000000000000ベクレルということになる。人間が1年で浴びてもいい量が20ミリシーベルトで、ベクレルとシーベルトとで換算する必要があるが、こういうややこしい単位を使うのは一般には馴染みが全くない話で、そこに何とはなしに放射能の恐怖をごまかす意図も隠されているような気がしないでもない。ネットで簡単に調べると、20ミリシーベルトは約9万ベクレルのようで、720000000000000000ベクレルはその792000792000792倍に当たる。これを日本の人口で割ると、ひとり当たり760万ベクレルで、年間許容量の84倍で、これだけの放射能を撒き散らした。おまけに汚染水の放射能が72京ベクレルもあるというから、その2倍に相当する。このニュースの一方で義援金が2500億ほど集まったと言う。これは被災者ひとり当たりに換算していくらになるのだろう。10万人とするとひとり250万円だ。先の放射能の数値と比べながら、毎日の生活からは遠くかけ離れた数字であるだけに考えるのが面倒くさくなるが、だいたい150京ベクレルの放射能が生じている一方で2500億円であるので、1円で600万ベクレルに相当する。600万ベクレルは20ミリシーベルトの66倍で、66年分の許容量に匹敵する。先の84年分と似た数字で、つまり一生分の被爆量限界量に対して人々の善意として1円が寄付された。もちろんこの放射能の量が全部人間に降りかかるわけではないが、土壌や水に混じって半永久的になくならないものも混じる。それにまだ原発は収束したのではなく、まだ放出される放射能は増加するかもしれない。現在はチェルノブイリの1割程度と言うが、これも全く当てにならず、どうせ数か月か2,3年すればまた訂正されるだろう。
 ま、このように全くの無駄なぼやきをしても、主導者たちには届かない。だが、ぼやきくらいしておかないと、こっちの精神衛生上よくない。それは筆者も毎日呑気で暮らしているようでいて、ストレスを抱えている証拠かと思う。それは当然だ。ストレスのない人はいないだろう。また、ないことがストレスにもなるのが人間で、何か気になって仕方がないといったことを誰しも抱えがちだ。費やした時間を思うと没にするのは惜しいという思いを筆者はこの1か月少々は何度も経験した。昨夜は深夜2時に寝たが、その前に1時間ほど費やして長文の手紙を書いた。今朝早速送ろうと決めていたのに、没にすることにした。同じような内容のものを同じ人宛てにもう4通書いたが、全部同じように出さないままでしまってある。破って捨ててもいいが、ひょっとすれば送る気になるかもしれないと考えてそのままにしてある。同じ人に送るのにそう何度も書いては没にするのは、筆者としては生まれて初めてのことだ。最近どうかしているなと思う。手紙を送る相手は筆者がそんな精神状態であることを知らないから、昨夜書いた手紙を送るときっと戸惑う。それを思うと、ぐっと我慢して出さないでおこうという気になる。だが、1週間もすればまた書いている。今度こそと思いながらであるので、前回よりましな内容にはなってはいるが、それでも根本は同じだ。手紙でこそ書けることがあるとは言うものの、手紙には書いてはいけないこともあるという思いがよぎる。その葛藤の中で、出さずじまいになるが、きっとそれは相手のことを尊重する思いからは正しい判断なのだ。長文の、しかもそこそこうまく書けた手紙をそう何度も没にしていると、それは時間の大きな無駄であるかもしれないが、そのように書くことでストレスの発散になっていると考えることも可能で、むしろ今の筆者にはそういう没手紙の無駄が重要なのだ。で、手紙はいつも夜に書いて翌日投函するから、一夜寝て手紙のことを考える時間の余裕があるが、このブログはいつも書いてすぐの投稿で、推敲もまずしないので、筆者には没にしたい内容は何もないことになる。だが、このブログでさえも最近2回分を没にした。それはまだ残しているのでいつか使うかもしれないが、筆者にしては初めてのことだ。とかく最近はどうかしている。このどうかしている状態の底の底まで付き合って、その真の姿を凝視してやろうかと以前書いたが、昨夜手紙を書き終わって寝床に入って30分ほど考えたことは、まだとてもその底には至っておらず、また筆者には底を見る勇気も自信もないという弱気と言おうか、実際の自分の姿を見た気がした。そんなどこか危うい精神状態を抱えながらもやるべき仕事はあるから、それに精を出しているが、ともかく仕事の区切りを早くつけ、次の新たな段階の新たな精神状態に持って行きたいと考えている。その光が見えるのはまだ半年先か、年内いっぱいはかかるかもしれない。去年9月10日に撮影したのは1枚のみ、今日はそれを掲げる。
d0053294_1146326.jpg

[PR]
by uuuzen | 2011-06-07 11:47 | ●駅前の変化 | Comments(0)


●嵐山駅前の変化、その108(... >> << ●嵐山駅前の変化、その110(...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.