●嵐山駅前の変化、その69(売店、広場)
妙な違いは全体の何パーセントが違った場合に感じるのだろう。またどうでもいいことを書くが、昨日掲載した写真を見て咄嗟におかしいと感じた。



d0053294_11485827.jpg

幅500ピクセルのはずなのに、それがほんの少し小さい。右クリックしてプロパティを調べると480ピクセルになっている。その理由が即座にわかったので、すぐに画像を差し替えた。先日書いたように、MOディスクの調子が不安定なので、画像はヤフー・フォトというページに置くことにした。それをパソコンかMOに戻して、そこからブログにアップするのだが、ヤフー・フォトからパソコンやMOにダウンロードする時、表示される画像がそのまま500ピクセルのサイズかと思っていたところ、そうではなくヤフー・フォトでの表示は自動的に縮小され、最大480になるようだ。その480で表示されている画像をクリックするとオリジナル・サイズの表示に切り変わるが、それを知らずに480のサイズのまま保存し、そしてブログに掲載したのだ。そのようにして掲載したのはこの1週間程度だ。また全部同じ方法には頼らずに、MOに元から入っていたものをそのままアップした場合もある。調べ直して全部オリジナル・サイズに差し替えたいが、ブログに掲載した後はヤフー・フォトから即座に消去しているし、またMOにダウンロードして保存したものは当然480のままであるから、その480サイズのものをフォト・ショップでまた500に加工したうえで掲載し直さなければならない。そこまでするのは面倒であるし、また500を480に縮小するのとは違って、480を500に水増しするのは何となく筆者は気に入らない。それでここ1週間程度の間に掲載したはずの480サイズのものはそのままにしておいて、今日から掲載するものはまた気をつけて500ピクセルのオリジナルのものをアップする。ヤフー・フォトも罪なことをする。表示が中途半端な480ピクセルではなく、200程度にしておけば利用者はそれが自動的に縮小されていることがすぐにわかる。とはいえ、480を500と勘違いした筆者が微妙な差がわからなかった点で鈍い。このブログを毎日見ている人がどれほどあるのか知らないが、普段500であるのが480に小さく表示されていることに気づいたであろうか。気づいた人は微妙な差がわかる人だ。
d0053294_11492881.jpg

 さて、「おにおにっ記」の再開は12月の予定でいるが、嵐山駅前の変化シリースはもう数回で区切りをつける。今月はまだ2週間残っているので、10日分ほどはほかのネタで埋めなければならない。そのためまたせっせと画像を加工する必要がある。そのような特別ネタを連続させることは何となく年末の在庫一斉放出みたいな感じがするが、寒くなって来たこともあって気分はもう年末だ。その年末で思い出した。ザッパの新譜「Hammersmith Odeon」の発送が今月15日に延期になったと、発送を請け負っているミュージック・トゥデイから先週金曜日にメールがあった。日本にはそれから4週間要するが、年末でもあるので、下手すれば来年の松明けになるだろう。年末にどうにか届けば即日解説を始める予定でいる。それはさておいて、昨日まで書いた「ランの館」の続きは、明日頃から始める。名古屋を巡った順、つまり写真を撮った順に掲載して行く。ということで今日の駅前の変化写真は6月28日の撮影だ。この日は4枚撮った。それを全部今日掲載する。ホテル建設現場は白い塀にすっかり覆われ、トラックの出入り口も整備された。本格的工事の直前といったところだ。ホテルが出来てしまうと、半世紀はそのままであるから、この臨時の現場写真は見慣れない風景として案外貴重なものとなるだろう。先日自治会の一斉清掃の際にある人から耳にしたが、周恩来が日本に留学していた時に住んだのが筆者と同じ町内で、直線距離で200メートルほどだ。そこは今は駐車場になっているが、古老はよく覚えているらしい。嵐山対岸の亀山公園には周恩来筆の「雨中嵐山」の石碑が20年ほど前に据えられ、そこは中国人観光客がよく訪れる場所になっている。また、中の島公園南端、つまり桜の林のすぐ近くに、「日中不再戦」の大きな石碑もある。嵐山は中国と縁があるということだが、周恩来の家のあった場所を、先日の町内清掃の折りにたまたま地元住民から耳にして、昔から住んでいる人は筆者の知らない、ネットにも載っていないような情報をいろいろと持っていることを知った。そうした古くからこの土地にいる人たちは、嵐山の変化が今に始まったのではなく、ずっと昔から緩やかに、また確実に続いて来ていることを実感している。筆者はたまにそうした人々から半世紀以上前の嵐山の様子を耳にしながら、それらの写真があればもっとよくわかるのにと思う。筆者がここに住んでからも変化が激しいが、その意味でもう古い地元住民の仲間入りをしているのかもしれない。それは筆者のような新参者が自治会長を頼まれることからもわかる。
d0053294_11495614.jpg

 今日は4枚の写真を掲載するから、段落作りのためにもう少し何かを書かねばならない。これを文章はほんの少しで写真主体にすれば、ブログに割く時間はもっと少なくて済むが、筆者の場合、文章をこうして毎日書くことで思考の停滞を防いでいる思いがあるので、つまり散歩と同じつもりで書いているので、そういう容易な方法を採ろうとは思わない。散歩は自分の健康や楽しみのためだが、ブログも同じと思えば、訪問者数や書き込みが少なくても気にならない。今日の4枚目の写真は、以前工場のあったところで、いよいよ何やら工事が始まる。これもまた駅前なので、時々写真を写したのだ。この写真にも名前をつけるべきだが、適当なものが思い浮かばないので、ブログの題名の括弧内には書かない。そうなると後で調べるのが面倒だが、後日また名称を書き加えるかもしれない。ブログは後で文章を書き変えたり、写真を取り替えたり出来るのが便利だが、それはいつどのように変えたかわからない点で不便だ。話を戻して、昨日もムーギョ・モンガに買い物に行き、その途中でブログが2000回連続投稿を過ぎたことをぼんやり思い出していた。そしてブログを始めた頃、最初の7か月は毎日書きながらそれを公開しなかった。誰にも見せずにそうしたのは、せっせとホームページを作っていて、同時公開を思っていたからだが、非公開のまま書き続けたその日々と、それ以降こっちの年月は、筆者の思いの中では何ら変化はない。つまり、こうして書いていることを非公開にしても同じという気持ちがある。そして、歩きながら思いはさらに古いところに飛び、筆者が中学生の頃になった。その当時筆者は河出書房新社から出ていた世界文学全集と日本文学全集を母から毎月買ってもらっていた。1冊700円程度だったと思うが、当時の母の給料からすればそれは安くはなかった。筆者の本好きは小学生の頃からで、それを知って母は筆者が本を買うのは文句を一切言わなかった。本をいくら与えても読まない子がいるが、それは仕方がない。好きな子もあれば嫌いな子もある。それはいいとして、その日本文学全集を予約して毎月買う人には特典があった。その全集と同じハード・カバーの体裁で、中がうす緑色の縦の罫線が引かれた日記帳になるものが1冊もらえたのだ。筆者はそれを大切にし、そして青いインクの万年筆で日記を密かにつけた。数か月を要さずに全ページが文字で埋まったが、内容は今でもかなり覚えている。ひとつ思い出すのは、ビートルズのアルバム「サージェント・ペパー」の全曲解説だ。当時から筆者はそんなことが好きだったのだ。ところで、12月にはザッパのDVD「トーチャー・ネヴァー・ストップス」の日本盤が発売される。その解説を書いて先日送ったが、その文字数は3500ちょうどにした。3000から3500の間の依頼で、ギャラは同じであるから、普通なら3000で済ましていいようなものだが、前回のDVDに書いた字数が3500で、それに合わせた。ともかく、大人になっての行動は中学1年生や2年生までに確実に決定されていて、その頃までに何か好きなことを見つけられる人は人生を退屈せずに済む。本嫌いな子はそれなりに面白い人生があるはずで、それは本好きにはわからないことだろう。その逆も言えるし、こうしたブログの長文を読もうとする人は、本好きであるということだ。読書嫌いな者はネットには向かない。向いても画像中心のサイトだ。
d0053294_1150292.jpg

[PR]
by uuuzen | 2010-11-16 11:50 | ●駅前の変化 | Comments(0)


●ランの館、その3 >> << ●発送『Hammersmith...
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.