●嵐山駅前の変化、その62(売店、ホテル)
格の高騰を実感するのがスーパーで売られる果物だ。野菜はまだましな気がするが、今年は満願寺唐辛子が去年の2、3倍の価格で、ついに一度も買わなかった。



ほかのものを食べればいいので別段困らなかったが、毎年たくさん食べていたのでやはりさびしい。他の野菜もそれなりに値上がりしている。特にトマトが高かった。そのため、トマトも今年の夏は2、3度買っただけだった。猛暑の影響と思うが、日本の野菜や果物の高価なのは世界一ではないかと思う。中国産は日本産の半分程度で売られているのに、それでもほとんど誰も買わない。そのため、なおさらまた安価になる。中国との国交が微妙な関係になっていて、今後中国から野菜が入って来なくなると、庶民は高価な野菜を買うしなかく、今以上に生活は苦しくなるだろう。果物、特に柑橘類が安価で売られているとまとめ買いして、マーマレードをよく作ったのに、この半年ほどはジャム作りをしていない。ジャムにする安価な商品がないからだ。安いのはバナナだけだが、これも質のいいものは3、4本で200円ほどする。そのため、茶色の斑点が出て半額になった時に2房を買うが、ちょうど食べ頃になっている。日本産の果物はりんごも梨も葡萄もとにかくあまりに高価で、ほとんど牛肉と同じほどの感覚がある。せめて柿くらいは安くなってほしいが、これもどうなるかわからない。同じく秋のものとして、ここしばらくは栗がよく目についた。これも予想以上に高価でなかなか買う気になれなかったが、昨日近くのスーパーで赤ちゃんの握りこぶしほどもある大きな栗が10個ほどで500円で売られていた。丹波産の栗で、よほど買おうかと思ったが、1個50円はやはり高い。それでいつものムーギョに足を延ばすと、先日まであったのにもうない。今年は一度は食べたかったので、うろうろ見回すと、果物の陰に2パック売られていた。同じ500円で、見た目はさきほどと同じか、それ以上のかさがある。粒が小さいのでたくさん入っているし、これなら安いかと思って買った。帰宅後網から取り出すと、下に敷いた発泡スチロールのトレイが水だらけで、栗もそうであった。どこかで水がかかったのではない。原因がわからないまた栗をひとつずつナプキンで拭くと、みんな泥だらけであった。地面に落ちていたものをそのまま拾ってパック詰めしたのだろう。産地は不明で、中国産かもしれない。数を数えると60個ほどあった。包丁で早速皮を剥き始めたが、驚いたことにどれもみな半分腐っている。指の皮を傷つけながら全体の3分の1を剥いたが、腐った箇所を除くために大変な手間がかかり、気分も悪くされたわけだが、どうにか栗御飯にはなったが、栗に艶がない。これなら最初のスーパーで見かけた10個500円のデカ栗を買った方がはるかに手間がかからず、またおいしかったであろう。安物買いの銭失いを地で行った。つまり、今は安価でいいものはなく、ろくでもないものをつかまされる。
d0053294_1792889.jpg

 今日は6月9日の駅売店工事と、ホテル建設現場だ。コンクリート・ミキサー車が写っているが、これはホテル建設現場に入るものではなかった気がする。起工式はまだ先のことで、それまでは敷地内は測量程度が行なわれるだけで、大型ダンプは地ならしをするためにたまに入っただけであった記憶がある。今日は奈良に出かける予定が、朝10時過ぎから冷たい雨が降り始めた。それで出かけるのをやめにして、することがないのでまた栗の皮を剥き始めた。残りの半分の20個ほどを剥き終えてこれを描き始めたが、昨日と同じようにどれも半分腐っていた。それでも今晩はまたそれで栗御飯を作る。丹波栗で思い出すのは、丹波で2、3年前に買った大きな豆だ。輸入品であったと思うが、その豆をまた入手してことことと煮豆を作りたいと思っている。ところがなかなか売られているのに出会えない。豆を鍋いっぱに炊いて食べると、翌朝はとにかく元気もりもりで、筆者は好物なのだ。ただし、大きな粒でなければならない。丹波は黒豆が有名だが、それとは違って斑模様の紫色のやつだ。北海道ではよく採れるようで、ネットで売られているのを見かけたことがある。だが、送料の方が高く、それなら地元でどうにか探した方がよいと思い続けている。確か500グラムで500円程度であったが、今は値上がりしているか。同じような金時豆がそのままで食べられるように甘く炊いて袋詰めされたものが、信じられないほど安価で売られている。確か1キロで200円そこそこだ。それを買って食べれば手間もかからず、また安くつくが、何だか気味が悪くて絶対に買わない。煮る時にどんな添加物が入れられているかわかったものではない。自分でことこと煮るのがいいのだ。割れないように、また皺が寄らないように、ゆっくりと炊く。今年は丹波にまた行ってみたいと思っているが、その機会があるかどうか。11月は相変わらず忙しい。それはそうと、来年は大きな丹波栗をどっさり入れた「御飯栗」を作ってやろう。筆者の食べたいものなど、ごくささやかで、いかに粗食かわかる。
d0053294_179546.jpg

[PR]
by uuuzen | 2010-10-31 17:10 | ●駅前の変化 | Comments(0)


●松尾駅の駐輪場、その10 >> << ●嵐山駅前の変化、その63(売...
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
はじめまして。興味を引く..
by 文学座支持会元会員 at 11:15
最近あまりに多忙で録画は..
by uuuzen at 15:31
唐突に失礼いたします。ど..
by タイタン at 14:59
暴力事件は訴えても警察が..
by uuuzen at 15:11
地下鉄の件事件になります..
by ネイル at 19:07
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
上から目線で頭が悪い人
by 名無し at 08:13
漢詩や篆書など、中国のサ..
by uuuzen at 12:57
サーチしました所、ビスタ..
by インカの道 at 11:38
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.