●松尾駅の駐輪場、その2
勤通学のために、どの駅にも駐輪場はつきものだ。嵐山駅前にもある。だが、それは勝手にみんなが林の片隅など、阪急の土地に青空駐輪しているもので、阪急は地元からの苦情もないので黙認している。



その自転車の数は松尾駅に出来る駐輪場の収容量の2、3倍はあるだろう。そのため、放置されたままの盗難車も多く混じり、筆者は何度も自転車を盗まれるたびにまずそこに探しに行き、見当たらないとなれば松尾駅付近まで行った。阪急の嵐山駅のすぐ脇に住んでいるから、盗難された自転車がまさか嵐山駅前にあることはない。それがよくわかっていてもまず身近なところからだ。だが、何度も自転車を盗られ、また今乗っている中古は、数年前に警官に呼び止められ、盗難したものではないかとの疑いがかけられた。被害ばかり遭っている者をつかまえて泥棒扱いだ。その時乗っていた中古自転車は梅津の馴染みの自転車屋で分けてもらったもので、以前の所有者の登録札がついていた。警官はそれで盗難車と思ったのだが、自転車屋に電話してもらって事なきを得た。このことは以前に2回書いたと思う。それにしても何を言っても信用しない警官で、冤罪というものが世の中には無数にあるだろうと思った。そういう事件があってから筆者はあまり自転車に乗らなくなった。その分歩くことにした。往復1時間半ほどの散歩なら、自転車より歩く方がよい。物は考えようなのだ。自転車の便利を捨てた代わりに、発見が多く、またより健康になった。そう考える筆者であるので、松尾駅横に駐輪場が出来ることはあまり賛成ではない。なければないで何か別の方策をと思う。たいして必要でもない物に取り囲まれて、人間は身動きが出来なくなっている。だが、それが人生というものか。たいしたことのないガラクタが楽しいのだ。
d0053294_033476.jpg

 さて、2月の3日に松尾駅の横に行って、切られる運命にある桜とカリンの木を確認し、内心声をかけてやった。「もうすぐお別れだな」 そして写真を撮った。それから20日に松尾山に上り、苔寺方面からの帰り、その駐輪場の工事現場の横を歩いた。すでに桜もカリンもなかった。桜は1本だけ切ると言ったが、樹齢の少ないものをもう1本切った。木が成長するのは年月がかかるのに、切られるのは一瞬だ。それは人間にとってのギロチン死刑だろう。それを思えば、幸いなことに木は悲鳴を上げるのが一瞬で、木はそういう運命をよく知って、それが遺伝子に組み込まれ、あまり苦しむことなく昇天するだろう。その20日に通りがかった時、工事状況を撮影しようとしたが、電池が切れて写せなかった。それで27日に出かけて撮影した。土曜日なので工事は休みのようだ。小川はコンクリートで塞がれて暗渠になるが、今はまだ小川の両側の急な斜面には数多くの鉄板が敷かれている。そこが最終的な地面の位置になって、暗渠の上に駐輪場が出来ることになる。カリンが立っていた付近を見ると、そこに樹木があったとは誰にも思えない。過去はきれいさっぱり、またたく間に忘れ去られる。だが、筆者は『おにおにっ記』にそのカリンの木の画像を載せておいたことを思い出しながら、それがとてもいいことをしたように感じる。誰も注目しないどこにでもあるような木だが、確かに筆者はその木を何度も見つめ、またその木が毎年つける実を食べたのだ。そして、そのことを文章に記録した。そのこともまたいずれきれいさっぱりと忘れられるが、意識のある自分が覚えていればいいではないか。カリンの木のあった場所から写真を撮ろうとして気づいたことがある。補道と隔てるフェンスの内側すぐに、水仙の鉢植えがひとつ置いてあった。写真ではほとんど見えないが、赤いコーンの陰になっている。その水仙はどこから持って来たのだろう。工事現場の奥、より電車に近い箇所に板状のフェンスが並んでいるが、その板の際にところどころ水仙が咲いている。それを抜いて植えたものではないようだ。あるいは、桜やカリンを切った時、その付近にあった水仙を根こそぎして、鉢に植え直したか。そうであればいいと思う。工事関係者が、自然の破壊者ばかりと思われてはかわいそうだ。
d0053294_0333272.jpg

[PR]
by uuuzen | 2010-03-05 00:33 | ●駅前の変化 | Comments(0)


●松尾駅の駐輪場、その1 >> << ●嵐山駅前の変化、その5(桜の林)
以前の記事/カテゴリー/リンク
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ブログパーツ
最新のコメント
レノンはTOMORROW..
by uuuzen at 12:07
初めて買ったLPは67年..
by フランク・ザッパ at 22:52
ザッパさんとレノンさんの..
by uuuzen at 01:34
ザッパの作品が100年後..
by レノン at 23:39
上書きではなく改訂版のデ..
by ザッパ at 22:05
> フランクザッパさん ..
by uuuzen at 17:50
コメント欄がわからなかっ..
by フランクザッパ at 13:51
ご指摘どうもありがとうご..
by uuuzen at 12:22
Frank zappa ..
by ザッパ at 08:30
何年も前に書いた文章に感..
by uuuzen at 16:20
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
ファン
         ブログトップ
  UUUZEN ― FLOGGING BLOGGING GO-GOING  © Copyright 2017 Kohjitsu Ohyama. All Rights Reserved.